インプラント治療のメリット・デメリット

  • 2022年12月26日

    インプラント治療とは

    インプラント治療とは失った歯を人工の歯で補う「補綴治療」の1つです。補綴治療には、いくつか種類がありますが、その中でも審美性、機能性の両面で優れた治療方法です。

    見た目も、噛み心地も天然歯に近いことから、「第二の永久歯」とも言われており、しっかりとメインテナンスを継続すれば10〜15年ほど使い続けている方もおられます。

    インプラントの構造は、チタン製の人工歯根を、歯を失った場所の顎の骨に埋め込み、上からセラミック製の被せものを取り付けます。埋め込まれた人工歯根は、顎の骨と強く結合させるため、しっかりとした土台となり、自身の歯に近い噛み心地が得られます。

    その他の補綴治療と比較して

    インプラント治療以外の補綴治療は、ブリッジと入れ歯(義歯)の2つがあり、使用する材料や治療方法によっては保険適用になるものもあり、比較的安価で済みますが、審美性・機能性ともにインプラントには及びません。

    インプラントは基本的に公的医療保険が適用されず、自由診療扱いとなり、保険適用のブリッジや入れ歯よりも高額ではありますが、食事や会話などが快適に行える素晴らしい治療です。

    もちろん費用面の問題もありますので、それぞれの治療方法のメリットやデメリットをしっかりと把握された上でご判断いただければと思います。

    メリットとデメリットのまとめ

    ①インプラントのメリット

    • 審美性に優れており、天然歯のような見た目になる
    • 咀嚼力に優れているため食事や会話が快適に楽しめる
    • 他の健康な歯に負担をかけない

    ②インプラントのデメリット

    • 自由診療のため費用が高額になる
    • 治療期間は2〜3ヶ月程度かかる(個人差あり)
    • 通院回数は5〜10回程度かかる(個人差あり)

    インプラントの費用

    インプラント治療は基本的に保険適用外であり、自由診療となります。ただし、病気や事故などによって顎の骨を3分の1以上失ってしまった場合の治療であれば、保険適用となることもあります。

    また、インプラント治療の費用は、使用するインプラント体の種類によっても変動します。アップル歯科では、治療費込みで1歯あたり25〜45万円(税込27万5千円〜49万5千円)となっております。

    インプラント治療はこんな方におすすめ

    インプラント治療は、本物の歯と同じように噛める歯がほしい、見た目もできる限り天然歯に近づけたいという方におすすめの治療です。

    グループリンク

    group links

    医療法人社団アップル歯科クリニック

    患者様が「ずっと、いい歯と、生きていく」ための治療を心がけています

    アップル歯科提携医院

    アップル歯科で研鑽を積んだ勤務医が運営する歯科医院

    外部サイトリンク

    external site